いろんなタイプの駆除剤を使って蟻を退治しよう

かわいいのに攻撃的

アライグマ

アライグマは外来生物のため、駆除対象の動物です。かわいらしい外見とは裏腹にとても凶暴な性格により、駆除や捕獲は自分では行わずに専門の業者を依頼することをお勧めします。畑や住居への被害をこうむるまえに駆除しましょう。

More Detail

サインを見逃さず

ねずみ

食品が食害にあった時には、そこに残された痕跡から動物を特定していく必要があります。ラットサインが残されているときには、ねずみが原因となっていることから、侵入ルートの特定から、種別の特定など、経験豊かなねずみ駆除専門業者に依頼すると、最新機器を使って確実に対応してくれます。

More Detail

トラブルが大きくなる前に

あり

家庭内の食事において何らかの虫が混入し、大騒ぎになって廃棄という経験を持つ人もいるはずです。現代の国内は高度な衛生環境が保たれているため、異物を口にしてしまうことは稀なことといえます。しかし、確実というのはなかなか困難であり、わずかな偶然によって虫のような異物が混入する可能性もあるのです。特に蟻のように小さく動き回る昆虫が混入しやすいため、飲食店を営んでいる場合は先手の駆除を心がける必要があります。そこで活用するべきなのが蟻専用の駆除剤で、毒餌を巣に運ばせて広範囲で効果が得られるタイプです。ただし設置したからそれで安心というわけではなく、駆除用餌を食べなかった2世代目以降の出現に警戒します。また、巣を発見した場合には、直接流し込むタイプを用意するくらいの徹底が肝心です。

国内では全国的に見かける蟻ですが、大まかには山地に生息するタイプと平地で生息するタイプがいます。どちらも害虫とは呼びませんが、人間の住む環境に近づくほどトラブルや不快感が増してくるのです。平地に住むオオクロアリのように噛みつくこともあるため、赤ちゃんや肌の弱い人がいる家庭は、早めの駆除が望ましいといえるでしょう。もし駆除で散らばる蟻の死骸が気になるという場合、寄せ付けないタイプの忌避剤が効果的です。植木鉢や壁面の穴といった蟻の発生しやすい場所を確認し、忌避剤をまくだけで駆除の効果が得られます。死骸が風で飛ばされて食品に混入することもあるため、特に飲食店の場合は駆除方法の使い分けが必要になります。ただ体に害を及ぼすことなく行ないたいのであれば、専門業者の依頼が必要不可欠になります。依頼することで、飲食店であっても一般家庭であっても安心して行なってもらえますし、何より短時間で行なってもらうことが可能になります。

住宅の安全を守るために

白蟻

シロアリは放置しておくと住宅の強度が下がってしまうので、住宅の安全を守るためにも早めに対策したほうがいいでしょう。作業内容はどの業者もほとんど変わらないので、最安値の業者を探すために見積もりを多く取るなどの工夫をするといいでしょう。

More Detail